「宮崎のサーフィンとサーフポイント」







 「サーフィン」は波乗りとも呼(よ)ばれます。 サーフボードの上に立って、波の斜面を滑(すべ)ります。 サーフィンをする人をサーファーと呼びます。 西暦400年頃にはサーフィンの原型がありました。 航海術に優(すぐ)れた古代ポリネシア人から始まったと言う説が有力です。 サーフィンはハワイ、ニュージーランド、イースター島、ニューギニアなどのポリネシア全域に普及しています。 底に付いているヒレ状のものは、現在は3本フィンが主流です。 デッキ(上面)に滑り止めのワックスを塗(ぬ)ります。 流れ止めとはサーフボードと体を結ぶヒモです。 日本でのサーフィンは千葉県、神奈川県から始まりました。 第2次世界大戦後に日本に駐留した米兵がそこなどでサーフィンをしたのが始めと言われます。
 「宮崎のサーフィン」はなかなか盛んです。 全国からサーフトリップで宮崎に滞在する人達がいます。 宮崎のサーフポイントには県外ナンバーの車も多く集まります。 それらの人達の中には宮崎に住み着く人もいます。 宮崎県のサーフポイントは北から、日向市の伊勢ヶ浜、お倉ヶ浜、金ヶ浜、川南町の川南サーフィンセンター、高鍋町の蚊口浜、宮崎市の佐土原浜、サンビーチ一ツ葉、大淀川の河口、木崎浜、青島、白浜、串間市の石波浜、恋ヶ浦などです。

「伊勢ヶ浜 (いせがはま、日向市)、サーフィン」のホームページ

「小倉ヶ浜 (おぐらがはま、日向市)、サーフィン」のホームページ

「金ヶ浜 (かねがはま、日向市)、サーフィン」のホームページ

「伊倉浜 (いくらはま、川南町)、サーフィン」のホームページ

「蚊口浜 (かぐちはま、高鍋町)、サーフィン」のホームページ

「石崎浜 (いしざきはま、佐土原浜、宮崎市 佐土原町)、サーフィン」のホームページ

「住吉海岸 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ

「サンビーチ 一ツ葉 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ

「大淀川の河口 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ

「木崎浜 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ

「青島 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ

「白浜 (宮崎市)、サーフィン」のホームページ



by 南陽彰悟 (NANYO Shogo)