自動車に20年以上乗りましょう! (今の車は距離20万 km、30万 kmは簡単です) (愛着が増します。 かえって尊敬されます(^^)。)
★お気に入りに追加 (Internet Explorer のとき)。
Microsoft Edge (エッジ) のときは、右上の☆印をクリックします。




 自動車は 成人したら 貫禄(かんろく)増して  (南陽彰悟)

 私は今の車で22年間(30 万キロメートル以上)走りました。 観光地、行楽地、山、史跡、名所、景勝地、名勝などに行くときにいつも利用しています。
以前は自動車を7年あるいは10年で買い替える人が多くいました。 それは昔、サビ止め技術が貧弱で車体にサビがきたからです。 その頃の伝説(あるいは慣習)で今でもそうしている人がいます。
現在は、車を10年、距離10万キロ(10万 km)で買い替えるのはもったいない時代です。
(参考: 平成26年 (2014年)の乗用車の平均使用年数は 12.6年です。)
平成に入ったころサビ防止(防錆、ぼうせい)にも技術革新がありました。 それ以後は非常に錆(さ)び難(にく)くなりました。 今は、自動車を20年以上持たせることに苦労はいりません。 雨をさえぎる車庫がなくてもだいじょうぶです。 また、走行距離20万キロ(20万 km)、30万キロ(30万 km)を超えることも容易になっています。
長く乗っていると愛着も増加し、尊敬もされるように(^^)なりますよ。

 車に長年乗るコツは
7年目の車検の時期ごろから、ディーラーなどがそろそろ買い替えを勧(すす)めてきます。
そのときに
いや、今回も車検を受けます。 よろしく。
と言うだけでOKです。
何も難(むつか)しいことはありません(^^)。

ちなみに私は路上で車が動かなくなったことは30 万1000キロメートル(新車から22年間)までに一度もありません。 ご安心ください。

では、皆様のご成功を祈ります(^^)。


写真A: 私の愛車(トヨタ社のコロナ AT170)が距離20万キロメートルになったときの写真です。
今の車は、消耗品さえ交換すれば、20万キロを越えるのは比較的容易です。 20万キロメートルまでで、一番高額だった修理は、ラジエーターからの水漏れで、約5万円でした。



○ 次に走行距離20万キロメートルを超えた方へ

自動車整備工場(ディーラー、町工場など)に任(まか)せておけば原則大丈夫(だいじょうぶ)なのですが、知っておくと便利なことがあります。

走行途中で動かなくなることを防ぐには?

<走行距離20万キロメートルが近づいたら>
(1)オルタネーター(発電機)を交換する。
(2)フューエルポンプ(燃料ポンプ)を交換する。
これを行っておくと安心です。
新品と交換しなくてもよいです。 オルタネーターは「リビルト品(消耗部品を交換した再生品)をお願いします。」 と言うと安上がりで品質も安心です。
 (1)オルタネーター(発電機)はリビルト品で工賃込み約¥35,000
(2)フューエルポンプ(燃料ポンプ)は新品で工賃込み約¥40,000
です。


写真B: 「走行距離 22万2222キロメートル」になったときの写真です。

 

写真C: トヨタ社のコロナ(AT170)です。



○ 次に走行距離23万キロメートルを超えたトヨタ社 コロナ(AT170 )の記念碑

写真D: 「走行距離 23万4567キロメートル」になったときの写真です。 新車から18年5ヶ月のとき。



写真E: 「走行距離 25万0000キロメートル」になったときの写真です。 新車から19年3ヶ月のとき。



写真F: 新車から19年3ヶ月のトヨタ社のコロナ(AT170)の写真。



写真G: 「走行距離 26万0000キロメートル」になったときの写真です。 新車から19年10ヶ月のとき。



写真H: トヨタ社のコロナ(AT170 )が成人(20年間)したときのエンジンルームです。 新車からちょうど20年の時。



◯ 車(トヨタ社のコロナ)に20年乗ったときの感想です\(~o~)/ 

「車に20年」

20年乗ろうと思った日が大切で
苦労知らずに
いつの間にかの20年


「20年目の車」

燃費は初めと変わらない
馬力 トルクも変化なし
私の車は20歳


写真I: 「走行距離 27万0000キロメートル」になったときの写真です。 新車から20年5ヶ月のとき。



写真J: 「走行距離 28万0000キロメートル」になったときの写真です。 新車から21年1ヶ月のとき。



写真K: 「走行距離 29万0000キロメートル」になったときの写真です。 新車から21年8ヶ月のとき。
 この時からしばらくたった頃、10 万キロ毎(ごと)と言われている「タイミングベルトの交換」をしました。 3度目のタイミングベルト交換でした。 最近はタイミングベルトの代わりにタイミングチェーンを用いている車が多くなっています。 「タイミングチェーン」の場合は10万キロ毎の交換は必要ありません。



写真L: 「走行距離 29万5000キロメートル」になったときの写真です。 新車から22年0ヶ月のとき。



写真M: 「走行距離 30万キロメートル」になったときの写真です。 新車から22年4ヶ月のとき。
1 光秒=30万キロメートル です。 すなわち、このコロナ(AT170 )は1 光秒を22年4ヶ月かけて走りました。 (この距離を光は1 秒で走ります。) やはり、光は速いですね(^^)。



写真N: 走行距離が30万キロ (1 光秒)になった時のトヨタ社のコロナ(AT170 )です。



◯ 車(トヨタ社のコロナ)に30万キロ (1 光秒)乗ったときの感想です\(~o~)/ 

 * ガソリン代金の概略の計算です。

 おおざっぱにガソリン 1 リットルで 10 km 走行するとして、
30万キロメートル走るのに 3 万リットルのガソリンを消費しました。
ガソリン 1 リットルの値段が約 100 円だと
そのガソリン代金は 100円x3万 = 300 万円 です。
 コロナを買った値段は約 170 万円でした。
300万円 / 170万円 = 1 .8 になるので
 30万キロメートル走ったら、車を買う時の値段の約 1.8 倍のガソリン代金を支払ったことになります(^^)。

「車に30万キロ」

タクシーは40万キロ 50万キロ 当たり前
苦労知らずに
いつの間にかの30万キロ


「30万キロ目の車」

燃費は初めと変わらない
馬力 トルクも変化なし
走行距離は 1 光秒

「22年5ヶ月目の車」

成人してからもう2年
形ち姿も貫禄(かんろく)増して
夏の風切るコロナ君


写真O: 「走行距離 30万1000キロメートル」になったときの写真です。 新車から22年5ヶ月のとき。



* <燃費試験の「国際基準」>
 自動車の燃費試験が2018年から「国際基準」になります。 国際基準は国連の作業部会で2014年3月に成立しました。 日本が2008年に導入した試験方法「JC08 モード」では、(1)エンジンが温まった状態でのスタートが認められていました。 また(2)平均速度も24 km/h と低めでした。 これはメーカーが有利になるように決められている、と見られることの理由でもありました。
 「国際基準」ではエンジンが冷えた状態からスタートします。 平均速度も 36 km/h になり、実際の走行に近づきます。
その結果、「国際基準」の方が燃費性能が悪くなる傾向があり、実際の燃費に近くなります。 これは良いことだと思います。

* <次世代車はプラグインハイブリッド (PHV)車になるでしょう。>
 CO2 (二酸化炭素)削減の規制が欧米中 (欧州、米国、中国)で広がっています。 たとえばBMW社は全モデルにPHVを用意しています。 メルセデスベンツ社は2017年までに10車種のPHVを用意します。
 米国ではカリフォルニア州など10州が排ガスゼロ (ZEV規制)の自動車販売義務化を2018年モデルから強化します。 義務販売台数は2020年にEV (電気自動車)、PHV合計で50万台、2024年には100万台近くになります。 義務化された州では販売台数は5台に1台がEVかPHVになります。

* <車両接近通報装置が義務化されます。 (国土交通省)>
 HV (ハイブリッド車)、EV (電気自動車)、燃料電池車に車が近づいたことを知らせる音 (警告音)が義務化されます。 音量は大きくなり、50 デシベル以上 (10 km/h の時。)、56 デシベル以上 (20 km/h の時。)です。 また手動で音を消せなくなります。 2018年3月以降に国の認定をとって発売になる新型車が対象です。 確かにハイブリッド車などが近くに来たのを気づかずにびっくりしたことが何度もありました。

* <ヘッドライトが自動点灯になります。>
 2020年 (平成32年)度以降の新型車にヘッドライトが自動で点灯する、オートライトを付けることが義務になります。 歩行者の保護のためです。 停車中や昼間を除き、夜間は走行中に自動で点灯します。 運転手は消灯できません。

* <運転席のメーターパネルの警告灯が異常を示すと車検を受けられません。>
 自動車総合技術機構によると、エンジンが動いている状態で、前方エアバッグ、側方エアバッグ、ブレーキ、ABS、原動機 (エンジン)の警告灯が点灯・点滅したり、警報ブザーが鳴ったりしたままの車については、2017年2月から車検の審査を行わないことになりました。 このため、車検が受けられなくなります。 車検を受ける前に確認が必要です。

* <シートベルトリマインダーが全席に付くようになります。>
 国土交通省は2020年9月以降、新型の乗用車の「全席」にシートベルトリマインダーを装備することを義務化します。 シートベルトリマインダーはシートベルトを締 (し)めずに走ると警告ランプが点灯し警告音が鳴 (な)る装置です。 これで後部座席なども安全性が増します。

* <自動ブレーキ車は追突事故が約1/3 に。>
 国土交通省は2018年度に自動車の「自動ブレーキ」の性能認定の制度を作ります。 それまでは各社の試験の条件などがばらついていました。 2015年の調査では、乗用車の自動ブレーキ装備車は非装備車より追突事故が約1/3 になっています (1000台当たりの昼間の追突事故件数が。)。

* <AT (オートマチック)限定免許>
 普通免許の新規取得者の 60.2 % がAT限定免許です。 普通自動車免許保有者について、2015年にAT限定は 52 % となり、AT限定が半分以上になっています。 AT限定免許所持者でも原動機付自動車の MT (マニュアル)車を運転することができます。 1991年11月1日に AT限定が普通自動車免許を対象に始まりました。 2005年6月1日から自動二輪車 (普通と大型。)免許にAT限定免許が始まりました。


訪問していただきましてありがとうございます。 感謝しています。
訪問者数 ('09年12月27日から)

LINK

宮崎観光情報、山「観光地 in 宮崎」 by 南陽彰悟[橋詩人]

「宮崎観光」と「宮崎の山」、写真 by 南陽彰悟[橋詩人]

「宮崎 見どころ(観光) 行き所(山など)」、写真 by 南陽彰悟 [橋詩人]

「宮崎 観光スポット 山」、写真 by 南陽彰悟[橋詩人]

「宮崎の名所」、写真 by 南陽彰悟[橋詩人]

「宮崎お出かけ・地元自慢」、写真 by 南陽彰悟 [橋詩人]

「宮崎楽しみ・出歩き」、写真 by 南陽彰悟[橋詩人]

「筑波山」と「筑波山登山コース」 by 南陽彰悟

湯布院 旧車

橋詩集



by 南陽彰悟 (NANYO Shogo)



(LINKはFreeです。 LINKのときに下のバナーをお使い下さい。)